2009年02月08日

ブンタマ・工作終了

工作が終了したので試しに組み立ててみます。
塗装前ではありますが、普通のブンタマと比べてみても、
雰囲気が完全に異なることがお分かりになられるかと思います。
タレ目」に付け加え、「手の表情」が、
E〜感じをかもし出しているのでは、と思います。


bunntama06.jpg


bunntama07.jpg


bunntama08.jpg
posted by 管理人−J at 19:50| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

完成した全部品(ブン・タマ)

完成したすべての部品を集めてみました。
組み立ててみた図の大きな画像は、
また次回にて! (また、ひっぱるなぁ〜(爆))。


bunntama05.jpg
posted by 管理人−J at 19:42| Comment(4) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

ブンタマ・プロペラと耳の完成

今回は「プロペラと耳」です。
プロペラは軸のみディテールUPパーツやプラ棒で改良。
耳はディテールUPパーツに置き換え。


bunntama04.jpg
posted by 管理人−J at 08:33| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ブンタマ・両脚とシッポの完成

今回は「両脚とシッポ」です。
脚パーツは、挟み込む車輪をオミット、脚のその“受け”部分も削り取ってしまいました。
シッポはノーマルタマと作り方は同じです。


bunntama03.jpg
posted by 管理人−J at 19:04| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

ブンタマ・両腕の完成

制作レポ(工作はすべて完了済みです)、「ブンブンタマゴロー 編」の開始です。

今回は「両腕」です。
パーツはノーマルタマゴローからの流用。
指に表情を持たせてみました。


bunntama02.jpg
posted by 管理人−J at 21:13| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

タマゴロー工作終了(ノーマル・タマ)

工作が終了したので試しに組み立ててみます。
塗装前ではありますが、普通のタマゴローと比べてみても、
雰囲気が完全に異なることがお分かりになられるかと思います。
やっぱりタマゴローは「タレ目」が似合いますよね。


matatama06.jpg


matatama07.jpg


matatama08.jpg
posted by 管理人−J at 19:32| Comment(2) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

完成した全部品(ノーマル・タマ)

完成したすべての部品を集めてみました。
組み立ててみた図の大きな画像は、
また次回にて! (ひっぱるなぁ〜(笑))。


matatama05.jpg
posted by 管理人−J at 06:15| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

シッポの完成(ノーマル・タマ)

シッポ」の完成品です。


matatama03.jpg


いつも思うのは、長すぎるホース部分。おそらく、ひっくり返らないようにとの配慮からそうなっているのでしょうが、イラストでは真っ直ぐ後ろに少しだけ伸びているように見えます。
の・で、ホース部分を短めスプリングに交換しました。
シッポ先端(赤いところね)の穴はリューターなどで入り口付近を削り、やや厚みを薄く見せています。
posted by 管理人−J at 10:45| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

電球&耳の完成(ノーマル・タマ)

頭頂部の「電球」と、「」の完成品です。


matatama04.jpg


電球は、ディテールUPパーツの関節部品モノの、ボールジョイントのプラ物(ポリの方じゃないですよ?!)を加工してみました。意外にピッタリ!! ちなみに、11月4日に紹介した胴体にくっついてるものよりも一回り大きいものに変更してます。
耳は、11月9日に紹介した部品群からチョイス。長さを加工して、真鍮線で取り付ける(塗装後、それで位置決めて接着する)ようにしてあります。
posted by 管理人−J at 07:30| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

両足の完成(ノーマル・タマ)

形になった「ノーマルのタマゴローの両足」です。
パーツそのままだと、「足」は形状がかなり寂しく、また「脚」は股関節の可動問題からイラストとは似ても似つかない形にアレンジされていますし、パーツは一切流用しないことにしました。
完成画像をご覧になれば一目瞭然、プラ棒やらジャンク部品を寄せ集めそれらしくデッチあげてあります。


matatama02.jpg


足=タマロクのモノで、両サイドの出っ張りを削り、くるぶし部品に見立てたディテールUPパーツをくっつけてあります。
脚=プラ棒とディテールUPパーツを組み合わせてあります。
関節=腕(肩)同様、ポリパーツを加工して使用。

凹リベットに見えるところは、ひたすら小さな穴を掘りました(爆)。
posted by 管理人−J at 13:09| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

両腕の完成(ノーマル・タマ)

改造を済ませ形になった「ノーマルのタマゴローの両腕」です。
無改造のものは、軽くひじを曲げてバンザイしている形状ですが、今回はゴチャマンチラシのポーズを再現できるように、ジャンクの部品を寄せ集めそれらしくデッチあげてみました。


matatama01.jpg


腕自体=右ノーマルのタマのモノ、左ブンブンタマゴローのモノ。
右手=ジョギングロボから拝借して加工(かなり形状がよろしい!)。
左手=ノーマルのタマのモノを加工。
ラッパ=ドライブタマゴローから拝借。

昔作った「たまたまタマゴロー」「ロボZ(ミニ)」なんかでは、ひじ間接部にスジ彫りなどしましたが、力を入れて動かそうとすると折れる危険を感じる、ロボダッチに見られる関節のやわらかいイメージを損なう、などの理由から、施していません。
但し、スミ入れの際は、「描く」形でスジを入れる予定です。

さて、肩関節はいつものようにボールジョイントの中心部にピンバイスで開口、軸を切り取ったものです。
受け皿の方は使用せず、胴体に作った穴に直接はめこみます。これで十分保持できます。
受け皿を組み込み使用すると、動きがきつくなってパーツを破損する危険性が出てくることからも、似たような改造を考えてる方は参考にしてみてくださいね。
posted by 管理人−J at 09:05| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

耳部品・間接ポリ部品について

質問が寄せられましたので、お答えします。

・よく使われている「」の部品は何か?
・よく「間接」に取り入れているポリ部品は何か?

matatama10.jpg

matatama11.jpg

上記画像をご覧になれば一目瞭然かと。
このシリーズを主に使っています。少しだけ加工して、「耳」や「間接」にしているわけです。
モデラーズナイフ、紙ヤスリ、ピンバイス、リューター、真鍮線などがあれば簡単に出来ますよね。
posted by 管理人−J at 18:59| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

手の改良(共通)

bunntama01.jpg


今回のミニロボ・タマゴローシリーズには、共通して「手に表情を持たせる改良」を施しています。

ミニロボダッチに触れたことがある方ならご存知だと思いますが、結構丁寧な造形がされているものもあれば、テキトー?!に処理されているものもチラホラ...。
特に初期のタマ関係は、いずれも前後からプレスしたような平べったい手のひら、指は短め?、という今見るときつい造形なんですね。

今回の3種は「完全に改造作品」でいくつもりで制作しているので、大幅にパワーUPさせます。といっても、それほど難しいことはしてません。
自分の手を参考にして、手の形状にしてはおかしいと思われる部分を少し削ったり、親指の方向を少し変える形で付け直したり、手の甲に切ったプラ版を貼り付けパッドに見立てたりしてるだけです。各指先は、ちょっぴりそらせているように削ってもみました。

小さいだけに作業がなかなか難しいところではありますが、ちょっとした形状変更で、全体の雰囲気が良くなります(「動き」が出てくるとでも言いましょうか?)。


〜本日はここまで・くづつ〜
posted by 管理人−J at 20:29| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボダッチ ミニロボ・タマゴロー3種制作開始

1998年、イマイ・ロボダッチ(最後の)再販時に、ダッチに再会。その再会は、プラモ作りの“再開”でもありました。
それから5年...。2003年にいたるまで、練習の意味も込めて昔のガンプラなどを作ってプラモ制作の技術力を高め、この年からロボダッチの制作に本格的に取り組み始めたものです。

そして、さらに5年...。
あれから10年(爆)、今年2008年、未完成の軍艦島を除くロボダッチ完成品は19個になりました。

播(*゚∀゚*)チゴィネ!!

さて、きりの良い「20個目記念」は何を作るか?!
悩んだ末、初心に帰り、ミニロボダッチのタマゴローを作ることにしたものです。
いやいや、ただのタマゴローではありません。ミニロボの中で一番デキが良いとされる「タマゲタ」のバディを流用しての、タレ目・完全版ミニロボサイズ・タマゴローであります。

しかも、胴体をキャストで複製、タマ、ブンタマ、ドラタマの3点を同時に制作...できたらいいなぁ(笑)とも考えているところです。
「ロボッ島・大島」(現在は持ってないけど)制作目指している割に、いつまでたってもブンブン島12点の完成が見えてこないので、一気にブンタマとドラタマも完成させてしまおうっていう寸法です。

題して、【またまたタマゴロー】。 その制作の開始であります!


DOUTAI.jpg


さて、というわけで「胴体部分」です。
継ぎ目消しやら凹凸部のスジ彫りライン化は言うまでもなし。
四肢の可動化も言うまでもなし。
リベット表現追加も言うまでもなし。

但し、今回は大幅に表情と頭頂部のデザインを修正することにしてみました。
昔のキットと言うこともあり、若干左右非対称なパーツ。中央ラインから、何故か表情が左上に向かってズレて配置されています。
全部修正するのは大変なので(爆)、口元のゆがみを広げ、口元だけをまっすぐラインに修正してみました。あとは頭頂部の改造のラインも縦軸考えて修正。
ムリヤリ、左右対称っぽく見えるようにしてます。

頭頂部の青い箇所は、なぜかどのタマゴローキットも、小さな帽子?のようなものを乗せてる作りになっているので、そこは削ってしまい、イラストのような卵ラインにそって青い箇所がある風にしてみました。


11044_1213526879.jpg


ファイターZの時に行ったノウハウを活かし、胴体や複製したい小さいパーツ(いくつか制作済み。詳細は後日)を複製しました。

ここからが本番であります。
posted by 管理人−J at 15:52| Comment(0) | ミニロボ・タマゴロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。