2010年02月16日

ガレキ製作代行・レポ1

某さんから「ガレキの製作代行をしてもらえませんか?」と電話連絡がありました。
今月に入ってから徐々にプラモ制作を復活し始めていたこともあり、これぞ久々の復活第一弾にふさわしいかな?! と、依頼を受けてみることにしたものです(今まで製作代行なんてしたことないのですが)。





その制作するキットとは、先日行われた「ワンダーフェスティバル2010【冬】」で販売されたロボダッチ・タマゴローです。

garekitama-01.jpg

可動重視の遊べるガレキと言うこともあり、四肢にはボールジョイントが最初から仕込める設計になってます。
基本、キットのまんま組むつもりですが、ほんの少し改良を加えてみます。
J制作お決まりの、
「凹凸モールド部にスジ彫りでメリハリをつける」
「凹リベットを追加する」
です。

ガレキと言うこともあり、表面に気泡が結構あるのかなと思いきやそれほど見当たらず驚いております。以前自分が作ったガレキ・ファイターZには、とんでもなく細かい気泡があったのに・・・。

garekitama-02.jpg

中性洗剤を混ぜた水に一晩以上浸け、その後、歯ブラシで表面を洗い流します。油分を取るわけですね。

さて、3枚目の写真のように、ひとまず今は胴体の制作にいそしんでいるところであります。

garekitama-03.jpg
タグ:ロボダッチ
【関連する記事】
posted by 管理人−J at 21:53| Comment(0) | ガレキ製作代行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。